fc2ブログ

獣医師の独り言

07年4月に大阪、箕面で往診専門の獣医師として開業しました、と言っても若くはないです、遅れてきた獣医師ですから。 そんな私が日々の診療でのあれこれを日記に綴って書いてみました。

幽霊のように・・・・ 

死人が生き返って来ました!
何というご無沙汰でしょう。
忘れられて当然でしょうね、でも幽霊のように戻って来ました。

いろいろありました、昨年11月やまとが虹の橋を渡ってしまいました。
18歳と7ヶ月でした。
口腔内の扁平上皮がんと分かってから2ヶ月と少しでした。

丁度知り合いの病院でその少し前に同じ状態の猫がいましたが、その子は下顎を切除しました。
食事が取れない為、胃瘻チューブでシリンジポンプからミルクを与えていましたが、やはり2ヶ月位でしたね。

その様子も見ましたが、やはり悲惨でした。
内は嫁さんが切除には絶対に反対でして、その意見に従いました。

結果どちらも確かに悲惨でした。
病気が病気だからでしょう、切除して延命出来る腫瘍も確かにありますが、この場合は仕方無かったと思います。

てつは15歳と4ヶ月になりました、耳は全く聞こえてない状態ですし、目の方は7割位しか見えていないようです。
家の中ではおむつ姿でウロウロしております。
毎日20キロを抱えて階段を降ろすのが日課になっています。
お陰でわたしの膝と腰に痛みを残してくれています。

ラヴはまだ14歳半で一人元気です。

私はまだまだ元気で頑張っております。
とりあえず近況報告ということでこれにて失礼致します。
写真のアップはまだ出来ずにおります。

スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 3   

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ワンコウォッチ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク