fc2ブログ

獣医師の独り言

07年4月に大阪、箕面で往診専門の獣医師として開業しました、と言っても若くはないです、遅れてきた獣医師ですから。 そんな私が日々の診療でのあれこれを日記に綴って書いてみました。

猫虐待死! 

今朝の朝刊(朝日新聞)を見ていてその記事を見つけて私は涙が止まりませんでした、こんな年になっても、沢山の動物の死を目の前にしているこんな仕事をしていても涙が止まりませんでした。
全国紙ではなく関西版だと思いますが、こんな記事でした。

花博記念公園鶴見緑地(守口、大阪市鶴見区)で今月、野良猫の虐待が立て続けに起き、三匹が息を引き取った、いずれも人なつっこい猫をおびき寄せて襲ったとみられる。
家族同様にかわいがってきた地域のひとたちは心を痛めており、守口署は動物愛護法違反の疑いで捜査を始めた。

そしてかわいい写真まで掲載されてました。

人を信用して、人に慣れて近寄ってスリスリしにきた猫を捕まえてベンチにたたきつけたか、なにか硬いもので殴打したようです。
地域の人達が一生懸命世話をしていたからやっと人間に慣れて、誰が近づいても人を警戒しないで寄ってきたんです。
そんな猫を殺したんです。
絶対に許せません。

その記事の中で以前そんな事件があって20代の男を逮捕したことがあったそうです。
京大の聴講生で、みんな就職していくのに自分だけが就職が決まらないのでいらいらして、癒してもらおうと公園の猫に触ったら刃向かわれたのでかっとなって・・・
それでなんの罪もない人懐っこい猫を殺しますか。

私はこの年で青いと言われようと涙が止まりません、絶対に許せません。
その人の心は病んでます、これはたまたま猫ですが、大変なことの入り口かもしれません。
そんな気がします。

親が子供を虐待で殺してしまったりそんな事件がこの頃頻繁に見かけます。
なんなんでしょう、日本はおかしくなってるんでしょうか。
結局は親の教育だと思いますが。
どうにかしないといけないと思います、どうにかしないと・・・
新しいイメージ


ランキングバナー←ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村







スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 8   

散歩のあとの足の裏 

前にも書いたんですが、散歩で出会うワンちゃん達の足の指の間(特に色の白い子なんか目立ちますが)赤茶色になってる子おおいですね。
実はあれは涎焼け(よだれやけ)なんです。
つまりしょっちゅう舐めたためになっちゃったんですね、でなんで舐めたか!それが問題です。

原因はたくさんあります、とがった草の部分を踏んづけた為に少しヒリヒリして舐めるとか、雨上がりの散歩で足先が濡れてしまって気になるとか、変なものを踏んづけてしまったとか、他にもいろいろありますが、一番多いのが飼い主さんがよかれと思ってやってることが逆に原因となってることがあるんです。

犬は靴なんて履きません、はだしで道を歩き回って汚れてます、それでうちに入る時足の先を水で洗っちゃうんですね、タオルやなんかで拭くんですがワンちゃん達の指の間には毛が生えているので、簡単には乾きません。
家に帰って少し落ち着いたら、指の間が気になり出します、ジメジメとして痒くなってきます、そしてペロペロし出すんですね。
そして口の中はばい菌だらけなので、もしきずでもあれば大変ですよね。
ひどい子になると湿疹が出来たり、腫れ上がってしまってたり、直すのにとても時間がかかってしまう場合があります。

家の中が汚れるかもしれませんが、思いっきり絞ったタオルでパッドを拭いて上げるくらいがいいと思います。
犬を飼うと言うことは少しは毛も抜けるでしょうし、床も少しは汚れるでしょう、ある程度は致し方がないと言うことです、でも出来る限り清潔にしなくてはいけませんがね、人間も犬も変な病気にかかってしまったりしないように。

実はうちの「てつ」も先日そうなっちゃったんです、茶色どころか黒くなってしまいました。
雨上がりの散歩あたりが原因だと思いますが、ママが触るとめずらしくウーとうなったそうです、もちろんこっぴどく怒られましたが。
それで毎日の朝晩の散歩に行く前に指の間に塗り薬を塗りました、犬の塗り薬のポイントは散歩前です。
つまり散歩から返ったら行く前にされたことなんて忘れてしまいます、これが寝る前なんかだと大変です「じゃーおやすみ」って言ったあと、なんの音かと思ったら犬が足を舐めてる音だったなんて経験ないですか?

それと内服でやっと最近ましになってきました、それでも一月くらいはかかりましたねぇ。
なると大変です、今まで水やお湯で足先を洗っていたあなた、あしたからやめるようにしましょう。

ぼくがなめてるのは単なる「おしゃれ」「みだしなみ」です(男でも)
IMG_1710.jpg

そ、そんなににらまなくても・・・なめてませんよ
IMG_1713.jpg

お父さん、そんなにカッカしないでもっとまーるく、まーるく
IMG_1707.jpg
おまえら、なめとんのか!・・いえ、なめてません(てつ)

ランキングバナー←ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

前立腺 

今朝の新聞に書いてありました、間寛平が前立腺のガンだそうです。
昨年、内の身内にも前立腺のガンの手術をした者がいます、たしか天皇陛下もそうだったと思います。
かくゆう私も実は昨年、ガンではないんですが前立腺肥大に見舞われました。
男性は年を取るとこういう心配もしなくてはなりません。

犬もそうなんですよ。
若いうちはなんでもないんですが、そうですね、7,8.9才くらいになると出て来るんですね。
要するに種族を保存する能力に長けたもの、分かり易く言えば子供を作る能力ですね、それが強い子に出やすいと言うことです。

交尾をする際に精子に大量の尿が混じると精子が弱ると言うか、最終地点に到達出来にくいので、そこで前立腺が腫れて尿の出を止めておくんですね、だから受精出来やすいと言うわけなんです。
公園で会ったメスがヒートの最中だったりしたら、そのフェロモンが強烈で、もう頭の中が春になっちゃうんですね。
それで前立腺が腫れてくる、腫れてくるとどうなるか、症状ですね。

まず前立腺は骨盤の中にあるので腫れると骨盤との間で直腸を圧迫する事になってしまいます。
そうすると本人は自分の糞塊、つまりウンコだと思ってしまうんです、で出そうと試みますが出るわけがありません。
それで何度もウンチングスタイルを取るのですが、出ません。
時々、絞ったような細いウンチが出る事もあります、きばった時に痛がることもあるかもしれません。
よく間違われるのに椎間板ヘルニアがあります、背中を丸くした格好、背湾姿勢(はいわんしせい)って言うんですが、そういう格好で、なにかつらそうにしてます。

でも1,2週間もすれば(長いですね~)けろっとします、でも又繰り返します。
もちろん前立腺肥大をおさえる薬を飲めばすぐにおさまりますが又繰り返します。
でどうしてあげれば良いか。
答えは去勢手術なんです。

そういう話になると、みなさん異口同音に言われるのは「こんな年になって今頃去勢なんて」なんですね。
でも男の子にしても、女の子にしてもこんな年になったからこそホルモンのバランスが崩れていろんな病気になることもあるんです(女の子なら、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症、男の子なら前立腺であったり肛門周囲腺種など)

何度もつらい思いをしなくてはいけないか、一度の麻酔で済むかの違いです。
誰かさんの足やクッションに交尾まがいの動作をする子は要注意ですよ。

一応お正月とゆうわけで蝶ネクタイで正装してみました、でもねむたいのだぁ-
IMG_1397.jpg

わたしもあったかい部屋でひたすら寝ています
IMG_0744.jpg

ぼくはもうタマタマはないのでそちらの心配はいらないです、はい
IMG_1340.jpg
三人そろって今年もよろしくおねがいします。

ランキングバナー←ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

金毘羅さん 

みなさん あけましておめでとうございます
なかなか更新出来ないブログですが、よろしくお付き合い下さいませ。

診察は正月のお休みでひまですし、ETCも安いそうなのでちょっと遠出しようと言うことになり、瀬戸大橋を渡って金毘羅さんに行って来ました。
前回から連続で旅のブログになってますが!!

岡山から鷲羽山を通って瀬戸大橋です、途中で与島でトイレ休憩そこで記念写真
IMG_1696.jpg
IMG_1701.jpg
金毘羅さんはすごい人出です、それでなくても「かみなり」と人出がだいきらいなてつです、石段はきついし人は多いし、なんで正月からこんないやな事が続くのかって思ってたでしょうね
IMG_1703.jpg
やっと頂上(?)に着きました
IMG_1704.jpg
ところがここでなんとカメラのバッテリー切れです
用意をした私が悪いんですね、反省です
それも含めて金毘羅さんにじゅうぶんお願いしておきました、きっと今年はいいことがあるでしょう。
(ちなみに全工程で460キロメートルでした)

今年もノー天気で楽天的なブログになると思います、ぜひぜひお付き合いの程よろしくお願いいたします。
ランキングバナー←ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ワンコウォッチ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク