fc2ブログ

獣医師の独り言

07年4月に大阪、箕面で往診専門の獣医師として開業しました、と言っても若くはないです、遅れてきた獣医師ですから。 そんな私が日々の診療でのあれこれを日記に綴って書いてみました。

老齢犬 

今、週に2回のペースで通っている子がいます、16才のシーズーさんです、目は見えていません、耳もほとんど聞こえていません。
足腰がおぼつかなくて滑りながら少しずつ進んでます。
なんで通っているかと言うと、右後肢の先に腫瘍があってそれが破裂しているんです、だからいつもジュクジュクで床を汚しています。
飼い主さんも手術は希望していません、私も希望していません。
と言うのも、爪の上にある2~3センチ程の腫瘍なんですがこれだけを取るのはちょっと無理でしょう、指を落とすしか方法がないと思います。
それに聴診で心臓の雑音がひどくて薬を飲んでます、こんな子に麻酔をかけて手術をするのはちょっと勇気がいります。
悪性か良性かも調べていません、肺に転移の有無も調べていません。
飼い主さんはあらたな事はしたくない、この子の寿命を静かに見守ってあげたい、とだけ要望されてます。
確かにシーズーで16才で1メートル程の円をぐるぐる回ってるだけしか動けない子です、シャンプーをしたらそのストレスだけでだめになっちゃうんじゃないかと思うくらいの子です、これも仕方がないかなぁと思います。
で、バンテージ(足先の包帯)の交換だけで通っています。
ついでに毛玉を取ったり、ブラッシングをしてあげたり、目やにを取って眼軟膏を入れたりいろんなことをしてあげます、又この子がいい子なんですね私があぐらをかいてそこに入れてするんですが、ちっとも怒りません、なんでもさしてくれます、そうすると愛情ってわくんですね、だんだんかわいくなってきます、出来るだけ長生きをして欲しいと願ってます。
又そのおうちには猫さんが4匹いてそのうちの好奇心旺盛な子がおっちゃん何してんの何してんのって見に来るんですよ、その子にも相手をしてあげないといけません、いそかしいんですが私にはとってもシアワセな時間なんです。
その子が少しでも長生きが出来て私のシアワセな時間が少しでも長く続けられますようにと思っております。
IMG_0917.jpg

仲良く布団で寝ている”やまと”と”ラヴ”ちなみにやまとはちょうど首の後ろに湿疹が出来てしまい嫁さんに怒られて治療を始めたところです、最初ラヴに爪でやられたみたいでその後掻いたんじゃないかなと思ってます。

ランキングバナー←ブログランキングに参加しています
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ワンコウォッチ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク